きららの美人塾

アクセスカウンタ

zoom RSS 太陽のチカラ

<<   作成日時 : 2006/11/07 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

昨日までは穏やかだった関西の気候も今日の立冬を迎えると共に
木枯らしぴゅるぴゅる、寒〜くなってきました。
冬至に向けて日暮れも早くなり会社を出るとすっかり暗くなっています。
ずーっと前からきららは彼がいてもいなくても、クリスマスの頃が大嫌いでした。
なぜか気分が凹み気味になっていて、クリスマスのイベントも
「楽し〜いっ♪」なんて感じる事なくクールに過ごしていました。
ホメオパシーを始めた頃、何気なくその事を言ったら、ホメオパスが大爆笑。

ホ : 「それって、アナタにとって日照不足の証拠だよー。 色白だしねー(笑)。」
き : 「日照不足が問題ある? 植物じゃあるまいし、光合成の必要ないし(怒)。」

しかし、よくよく話を聞くと誰にでもありうる軽いウツの事だったりしたようです。
美容の為の紫外線対策というのはほどほどが良いというのを知ったのは数年前。
その頃のきららは年中紫外線対策バッチリで年中日光を避けていました。
いわゆる日光を避けすぎの状態だったようです。

日光には脳内に存在するセロトニンを生産してくれる効能があります。
セロトニンは「楽しい〜♪」とか「嬉しい〜♪」とかいう気分にしてくれます。
詳しくはコチラ

地球環境の問題で近年では直射日光は少々怖いかもしれませんが
間接的に日光を浴びるのは人類にとっては必須のようです。

そういえばクリスマスの本場の欧米ではクリスマスが過ぎてもしつこく?
クリスマスの飾りを残していますが、日本より冬場の日照時間が短くなる国では
気分が滅入らないようにするのに必要な習慣なのかもしれませんね(笑)。

余談ですが友人のSちゃんは数年前、フィンランドにオーロラを観に行きました。
3日間オーロラ待ちをしたのに、結局オーロラは見えず、どんよりした曇り空を眺めただけ。
お約束でウツになっちゃったそうです。
「本当に太陽が見えないのは苦しいんだって!
向こうの人に海辺でのバカンスが必要なのが心底分かったって!」
と力強く語ってくれたSちゃん。
真冬でも晴れた日が多い太平洋側に住んでいるきららには新鮮な話でした。

この肌寒い季節なら、休日に窓辺で背中に日光を浴びる(服は着てても可)、
または日ごろ日光を浴びない足の裏(これは裸足でも可)に日光を浴びるなど
ほんの少しでも日光を取り入れるといいようです。

きららは最近少しだけ早起きして日光を浴びてウォーキングしたり
朝日の当たるカフェでコーヒー飲んだりと日光チャージは完璧です。

太陽のチカラをしっかりと取り入れて楽しく美しくなりたいモノです。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

それでは本日も美しくあれ〜☆


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
日照時間が短くなりつつあるドイツです。
ところで、クリスマスの飾りがクリスマス過ぎまで残っていることを私も不思議に思っていましたが、1月6日までは飾っておく習慣があるのだそうですよ。
(国によっては異なるかもしれませんが)
日本のお正月の「松の内」のようなものだと考えればいいんだと思います。

ちょっと調子狂うな、と思ったこともありますが、一年で最も大きなお祭りの余韻ってことで、これもいいかなと思うようになりました。
クロミ
2006/11/08 21:30
クロミさん、ありがとうございます☆
きららも以前、冬休みにヨーロッパ旅行をしていてお正月過ぎでも飾りがそのままだったので違和感を覚えた記憶があります。
へぇ〜、クリスマスの飾りは1月6日までという習慣なんですか〜。
ゴージャスに飾ってあるし長く楽しまないともったいないですしね(笑)。
そうそう、関西の大手デパートのウインドウは昨日からクリスマスの飾りになりました。
紅葉もまだなんですけど〜!とこちらも違和感が…。
きらら
2006/11/09 21:44
きららさん、こんばんは。

なるほど、太陽の光というのはやはり生きていく
うえで必要なものなんですね。
以前読んだ本に朝日をパクパク食べて全身に染み込
むようにイメージするという開運法がありました。

>きららは最近少しだけ早起きして日光を浴びてウォーキングしたり
>朝日の当たるカフェでコーヒー飲んだりと日光チャージは完璧です。

お洒落でかっこいいですね(笑)自分も太陽パワー
で一日のスイッチを入れたいと思います。
ふくすけ
2006/11/10 00:39
『暖かい地方の人は、明るい!』
何となく、こんなイメージを持っていますが、あながち間違いじゃなかったのねん?

札幌は、日照時間が短い(日の出が早いから)し、冬になると寒い上に、お日様を拝める日が少なくなるので、太陽のありがたみを実感しています。

天気のいい日に一日中家にいるなんて、ホント、もったいない!ですよ!
カモウ
2006/11/10 23:09
ふくすけさん、ありがとうございます☆

>朝日をパクパク食べて全身に染み込むようにイメージするという開運法

まー、それは効果がすごそうですね。
早速実践してみなければ!

お互い太陽のパワーをしっかり補充しましょうねっ!
きらら
2006/11/11 00:48
カモウさん、ありがとうございます☆

>『暖かい地方の人は、明るい!』
確かにそんなイメージがありますよね。
太陽に陰鬱な空気って似合わないですし(笑)。

>札幌は、日照時間が短い
ちょうど去年の今ごろ北海道に旅行に行って、日暮れの早さに驚いたのを思い出しました。
寒い冬に向けてお昼間は次郎君とお散歩に出かけて日光チャージして下さいね。
きらら
2006/11/11 00:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
太陽のチカラ きららの美人塾/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる