きららの美人塾

アクセスカウンタ

zoom RSS 香りの効能 その2

<<   作成日時 : 2006/12/18 21:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年は12月22日が冬至になります。
冬至といえば、カボチャを食べてゆず湯に入るのが良いといわれています。
このゆず湯、アロマテラピー的にもこの季節に有効なのです。

以前の記事にも書きましたが冬至の時期は気分が憂鬱になってきます。
憂鬱な気分だとお化粧のノリも悪くなるし、オシャレする気分にもなりません。

この憂鬱な気分を明るくしてくれるのが柑橘類の香りなのです。
1970年代にイタリア人のパオロ・ロベスティという人が
世界初の精神科の臨床で柑橘系精油が神経症やうつ病への
作用がある事を発表しています。

昔からの日本の風習のゆず湯はとっても理に叶っているのです。
ゆず湯をするのが面倒なら、この季節は柑橘類を積極的に食べると
ビタミンCの補給で風邪対策になるし、香りの効能も期待できるので
一石二鳥じゃありませんかっ!

柑橘類をたくさん摂取して憂鬱な気分にもメゲズ、ノロウイルスにもマケズ
楽しいクリスマスを迎えようではありませんか!

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは本日も美しくあれ〜☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
香りの効能 その2 きららの美人塾/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる