きららの美人塾

アクセスカウンタ

zoom RSS 疲労困憊したとき

<<   作成日時 : 2007/03/10 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

「もうヘロヘロ〜」
睡眠時間は十分なはずなのに疲れが取れない。
そん時はつい疲労回復の為に栄養のあるものを食べたり、
人によってはカンフル剤に頼ってみたり。
その割りに疲れが取れないし、あれ?体重も増えちゃった?
以前のきららはシャレにならないそんなパターンでした。

ある時気付いたのは疲れてはいても体が疲れている訳ではない。
試しにビジターでスポーツクラブに行き、マシンを使って筋トレすると
帰る頃にはグニャ〜となるくらい感じていた疲労感が無くなっている!
思い過ごしでなければ体が喜んでいる感じすらします。
そして睡眠時間が短くても目覚めがスッキリ!

難しい仕事でなくても普段の生活は頭や気を使う事ばかり。
きららの疲れは体が疲れているのではなく、少しばかり頭や気分が
お疲れ気味だったのです。

またもやBL研究所の富田先生談になりますが、
現代人は摂取カロリーに比べて消費カロリーが低いのも
体調や自律神経に乱れを起こす原因なんだとか。
食事と運動は健やかな人生の両輪なんだそうです。

軽く筋トレして程よく体内に酸素を届けると(即席酸素カプセル?)
体が重ダルイ感じが抜けていく。
富田先生は主に歩く事を奨励されていますが、
きららの好みは歩く+軽い筋トレです。

動けばリンパの流れも良くなるし、スリムアップも期待できるっ!
はずだしね〜

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

それでは本日も美しくあれ〜☆


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラセンタについて
プラセンタの情報 ...続きを見る
プラセンタでアンチエイジング
2007/03/11 00:06
酒は百害の源
「酒は百薬の長」という諺がある。確かに、適量を飲めば、栄養源にはなるし、気分も爽快になり、精神安定剤的な働きもする。しかし、長年精神科医をやっていると、酒のために身体をこわしたり、早死にをしたり、自殺をしたり、身を持ち崩したり、一家離散をしたり……する人がいかに多いかをいやというほど経験させられる。 2,000円の小遣いを持って酒を飲みに行くとする。良い酒を少量飲めば良いのに、この種の人は粗悪な安い... ...続きを見る
健康ブログ
2008/05/23 16:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
疲労困憊したとき きららの美人塾/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる