きららの美人塾

アクセスカウンタ

zoom RSS さくらん

<<   作成日時 : 2008/02/03 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

観たかったのに映画館で観損ねたさくらんをようやくDVDで観ました。
ご存知の方も多いと思いますが念のため
原作は安野モヨコ、監督は蜷川実花、主演は土屋アンナ、
他の出演者には菅野美穂や木村佳乃など豪華な面々、
そして主題歌は椎名林檎。
名前を見るだけでもゴージャスです。

怪しげな美しさのある女優さん達の魅力満載で映像の毒のある美しさ。
今更ながら蜷川監督の色彩感覚にウットリしてしまいました。

きららが映画などを観る時に心惹かれるのは
ストーリーの時もあれば、映画構成の時もあるし
出演者の演技ばかりを追っている時もあるし
作品によってマチマチです。

今回のさくらんに関してはビジュアルに心奪われました。
色の使い方も上手いし、吉原なのに現代風にアレンジされています。
良くも悪くも毒々しくも怪しい美しさが観終わった後にも残るのです。

画像


あの毒々しい美しさを日常にイヤミなく取り入れる事はできるのか?
その美しさは女性だけの自己満足的なものなのか?
しばらくは美人塾での研究?課題になってしまいそうなイキオイです。

さくらんをご覧になった方の感想が知りたーい。
女性の感想、男性の感想両方知りたーい。


ご覧になった方はぜひともコメント残して下さい〜


色々と感覚が湧き上がるものの、今日はさくらんに右脳が刺激されたのか
適切な言葉が浮かんできません
たまには感覚を言語に置き換えず、余韻を楽しむのも悪くないかな



今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

それでは本日も美しくあれ〜☆

ブログランキング参加中です。
ビジュアルで訴えかけるのってステキーっ! クリックよろしく!

     
人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
さくらん
この様な映画は、どうしても「SAYURI」 と比較してしまう。 当然後発の「さくらん」に 期待したいのだが・・・ 映像だけなら、それなりに綺麗 だと思いました。 ...続きを見る
【ムービーレビュー】映画の感想
2008/05/11 23:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
たまには感覚を言語に置き換えず、余韻を楽しむのも悪くないかな

この映画は、そうかもしれません。
それくらいにキョーレツなビジュアルでしたから。
私個人的には「本格的にドロドロ」な設定(例えば、五社監督の「鬼龍院花子の生涯」とか「陽暉楼」とか「吉原炎上」とか)が好きなのですが、この映画は、舞台が吉原なだけで、中身は「甘酸っぱい青春映画」だったと思います。
やす
2008/02/06 21:01
やすさん、ありがとうございます。
確かにストーリーは次の展開が読めるくらい普通でしたね〜。
あのビジュアルを生かすためなのか?
裏読みしながら観ていました。
五社監督の作品は濃度が濃いので、舞台が同じ吉原とは思えませんよね〜。
蜷川実花の映像にはこれからも注目したいです♪
きらら
2008/02/08 21:33
実は私もレンタルで観てすぐにネット購入したクチです。
時代考証無視で ビジュアルにこだわったツクリは
同じく女性監督作品の『マリーアントワネット』を思い出しました。
(これも即買い*)
センス的には ちょっとヤンキー入っててビミョーやけど、
ひとつひとつの画面が写真集のように強烈な美しさを放っていて
吸い込まれるように見入ってしまいました。
わかり易すぎるストーリーは置いといて、
とにかくアンちゃんは良かった?
ともすれば全体を軽くしてしまう現代劇口調も、
本格時代劇ではないからこそ違和感ゼロ、
というかピッタリなんだろうね。
安っぽくなりがちな民放の時代劇も
開き直ってこんな風に仕上げたら良いのに、なんて思っちゃった。
今は大河『篤姫』を楽しみに観てます。
クリムトを彷彿とさせるタイトルバックから美しい!!
きららちゃん観てる?
miwa
2008/02/12 09:49
miwaさん、ありがとうございます。
ストーリーはちょっと稚拙な感じを受けましたが
映像がもう『すばらしっ!』ですね〜。
アンちゃんは顔は可愛いなーと思って観ましたが
演技の部分では好みではなかったです。
菅野美穂さんの笑顔がホラーっぽくってだけど艶っぽくって良かったです。
『篤姫』は油断している間に見損ねているんです。
miwaさんと同じ幕末フェチの一員として恥ずかしいのですが…。
風上にも置けないなんて言わないで〜。
きらら
2008/02/12 21:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
さくらん きららの美人塾/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる