きららの美人塾

アクセスカウンタ

zoom RSS 鍼灸と漢方を体感する  中医編

<<   作成日時 : 2009/01/04 19:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

明けましておめでとうございます。
今年もマイペースな更新になりそうな感じですが
よろしくお願いいたします。
さて、2009年最初の記事は鍼灸と漢方の体験記です。

年末から忙しさとストレスとで胃腸の具合を崩していました。
子供の頃から胃腸は弱い方で、年中背中のある部分に
ずーんとした重さを感じていました。
その重さや体のだるさが年末はピークになってしまい
ヘロヘロになりながら、大阪市内にある鍼灸院に行ってきました。

こちらでは問診と脈診で気質、体質を診立ててくれます。
こちらの診立てもやはり眼診やアーユルベーダの診断と同じで
単に腎が弱いというのではなく、ストレスが原因で、胃腸や肝臓が
疲れてしまって、現在は腎に影響が出ているそうです。
そして全く気が虚している状態らしく、だるくて当然なんだそうです。

その診断に合わせ鍼灸スタート

まずは背中全体に針を施してもらいます。
こちらでの針は電気針でジックリとしたツボ刺激が気持ちいい〜
その後は背中に吸玉を施し、瘀血を綺麗にしてもらえます。
そして経絡にそってお灸をして(程よい温熱感)背面終了。
次は仰向けに寝て、同じような流れの治療が続きます。

これだけで、あれだけ調子が悪かった胃が楽になっていました。

ついでに先生にお勧め漢方薬局を伺ってみました。
きららはまず虚している気を上げる必要があるそうです。
それには漢方薬局まで行かなくても、大手ドラッグストアで売っている
四君子湯という漢方薬が割引されて売っているからいいだろうと言われ
帰りに梅田の大手ドラッグストアに寄ってみました。

残念な事に数店回りましたが、どこも在庫切れ状態。
年末だという事もあり、取り寄せも年明けになると言われました。
仕方ないので四君子湯に二種類別のものを混ぜてある漢方薬
六君子湯で代用する事にしました。

六君子湯を飲み始めて数日で胃の不快感が全くなくなりました。

あれだけ色んな療法を続けてきたのに、一回の鍼灸と漢方で
こんなに体が楽になるんだ〜

これなら先生お勧めのきららにピッタリな漢方薬四君子湯が届いたら
どんなに調子が上がるんだろう?

改めて東洋医学の威力を感じるに至ったのでありました。

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。
それでは本日も美しくあれ〜

職場ではダルダルチームのトップ争いをしているきららですが
この妙な争いから足を洗えるかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鍼灸と漢方を体感する  中医編 きららの美人塾/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる